医療事故調査の専門相談!~医療事故による問題への法的な対応~

様々なカタチでの医療事故

手術中においての施術ミス

医療機関などにおいての手術や患者さん本人に対しての日頃からの扱い、管理不十分その他、様々なカタチでの医療事故といったものが世の中には存在しています。ただ、その事故そのもののケースが手術中においての施術ミスとかが原因とかである場合においては、大変高度なそのような医療面においての知識などがその事故自体の検証面において必要になってきますので、この点が事故そのものの疎明をしていく点において、医療関連の知識を持たない一般大衆である方にとっては、とても困難があるといえます。

事故そのものが医療機関の施設内において発生したり

また、この事故そのものが医療機関の施設内において発生したりしたものである場合には、その場所的な疎明の面においての主導権をその医療機関側が握っている事からも、やはりそうした面でも施設外の部外者であるその死亡した患者さんの遺族の一般の方には、大変追及が難しいといった面が少なくはありません。

経験豊かな弁護士の先生などに相談

こうした現状をようく踏まえてみたりすると、やはり、そうした医療事故方面に精通をしている、あるいは問題や事件などを引き受けたりしてきたことがある、経験豊かな弁護士の先生などに相談をしたりしていくといったカタチが一番ベストであるような感じがします。また、現在収入が少なく法律相談などがやりにくいといった経済的事情などがある方も、弁護士会がやっている無料法律相談などもありますので、これなども大いに活用をしていく価値があるといえます。

DATE:2016/09/30

コラム記事一覧へ